「地域別」座談会2019

大好きな浜松で、新しい時代を切り開く私たち

井澤 一穂さん(いざわ かずほ)

専攻:経営学/出身:藤枝市

仕事もプライベートも「井澤に任せておけば大丈夫」と言われる社会人になるために、常に全力で仕事に取り組みたい。サッカー、音楽、ラーメンなど多趣味な性格。卒業までにお気に入りのラーメン店の全国制覇を目指す。
井澤 一穂の遠鉄就活履歴
  • これまでの遠鉄の印象は?
  • 電車、バス、百貨店。
  • 遠鉄にエントリーしたきっかけは?
  • Uターンであることと、初めて行った説明会で人事の方が楽しそうに遠鉄のことを語っていてとても魅力的に感じました。
  • どんな先輩が多いと思う?
  • 静岡のこと、浜松のことが好きで情熱的な方が多い印象です。
  • 最後に、遠鉄の魅力を一言で!
  • 静岡県西部地区にとても密着していて、街に対するいろいろな仕掛けができるところだと思います。
〈就活スケジュール〉
1月上旬 Uターンの合同説明会に参加
2月上旬 遠鉄グループ説明会に参加
3月上旬 遠鉄グループ合同セミナーに参加
3月中旬 遠州鉄道単独セミナーに参加
4月上旬 選考開始

木舩 夢奈さん(きぶね ゆめな)

専攻:社会学/出身:磐田市

いろんな人と関わり、お客様からも先輩からも同期からも後輩からも頼られる存在になりたい。愛してやまない音楽を社会人になっても好きでいたいし、これからもフェスにたくさん行きたい。
木舩 夢奈の遠鉄就活履歴
  • これまでの遠鉄の印象は?
  • 赤電、バス、タクシーを運行し、地域を支えている企業。
  • 遠鉄にエントリーしたきっかけは?
  • インターンシップに参加したことで、幅広く事業を展開していることや地元の根強さを知った。
  • どんな先輩が多いと思う?
  • 人とコミュニケーションを取ることが大好きな先輩!
  • 最後に、遠鉄の魅力を一言で!
  • 一緒に働きたいと思える人ばかり!
〈就活スケジュール〉
9月中旬 遠鉄グループ合同インターンシップに参加
12月下旬 遠鉄グループ合同インターンシップに参加
2月下旬 遠州鉄道単独インターンシップに参加
3月上旬 遠鉄グループ合同セミナーに参加
3月下旬 遠州鉄道単独セミナーに参加
選考開始

中城 詩央里さん(なかじょう しおり)

専攻:法学/出身:磐田市

IAとして地域のお客様から安心していただける身近な存在となり、社内からも社外からも信頼されるように頑張ります。卒業までに、今まで行ったことのない東北や九州へ友だちと旅行に行く予定。
中城 詩央里の遠鉄就活履歴
  • これまでの遠鉄の印象は?
  • 遠州地方でなくてはならない存在、遠州地方の人々の生活の基盤となっている印象。
  • 遠鉄にエントリーしたきっかけは?
  • インターンシップに参加した際、遠州鉄道で働く方々の人柄の良さがとてもわかり、この会社で働きたいと思ったこと。
  • どんな先輩が多いと思う?
  • 自分に自信を持っている人、人柄が良くフレンドリーな人。
  • 最後に、遠鉄の魅力を一言で!
  • 多くの人から愛される遠州地方の代表企業!
〈就活スケジュール〉
1月上旬 遠州鉄道単独インターンシップに参加
2月中旬 遠州鉄道単独インターンシップに参加
3月下旬 遠州鉄道単独セミナーに参加
選考開始

宮本 翼さん(みやもと つばさ)

専攻:地域政策学/出身:浜松市

準備をしっかりとできることが自分の長所。将来、地域や社会で頼られる存在になるために、これから多くの知識を吸収していきたい。趣味は筋トレ。
宮本 翼の遠鉄就活履歴
  • これまでの遠鉄の印象は?
  • バスと電車で浜松の交通を支えている企業。
  • 遠鉄にエントリーしたきっかけは?
  • 地元で就職することを決めていた。自分を育ててくれた浜松の人たちのために働きたかったから。
  • どんな先輩が多いと思う?
  • 人当たりの良い方が多い。どんな質問にも細かく丁寧に答えてくれた。
  • 最後に、遠鉄の魅力を一言で!
  • この地域の生活をより豊かにできる可能性をもった企業!
〈就活スケジュール〉
12月下旬 遠州鉄道単独インターンシップに参加
2月中旬  遠州鉄道単独インターンシップに参加
3月下旬 遠州鉄道単独セミナー参加に参加
選考開始

地元就職(Uターン)をした理由と決め手

浜松が大好きだから、
浜松のために働きたくて、地元就職を選んだ(宮本)

中城:私は、就活を始める前はUターン就職なんて全く考えていなかったの。それよりも東京や大阪の大都会で就職するのが夢だった。でも、名古屋に住んでいながらも「私って都会暮らしが合わないのかな……」と感じることが多くて、「やっぱり地元の方が住みやすいし、居心地がいいな」と思い始めて、地元で就職しようと決意したの。

宮本:僕は大学に入った時から地元で就職することに決めていたよ。別に親から言われていたわけじゃないけど、長男だし、何よりも浜松が大好きだから、浜松に戻って浜松のために働きたいって思ったんだ。浜松は市街地と自然のバランスがちょうどよくて住みやすいよね。そういうところがすごく好きだな。

木舩:私は、どこか良い会社があれば名古屋で就職するのもアリかなって思っていたの。だから名古屋の企業のインターンシップにも参加したけど、やっぱり浜松の方が安心する気がして、自然と浜松での就活にシフトしていった感じ。

井澤:僕は、大学に入学する前は東京での就職を考えていたけど、東京の大学に入学して通学時の満員電車を経験してから、東京での就職はやっぱり無理だと諦めたよ(笑)。地元での就活は、静岡県の中部から西部にかけて自分が一番住みやすい場所はどこだろうかと考えて企業を検討したんだ。僕は藤枝市出身だから浜松のことはよく知らなかったけど、浪人時代に1年間浜松の予備校に通っていたから多少は土地勘があった。子どものころからよく遊びに行ったのは静岡方面だけど、浜松の方が何となくまちの雰囲気が温かい感じがしたから、浜松での就職を考えるようになったんだ。

地元就職をした理由と決め手

Uターン就職を考えている高校時代の友だちと
情報交換できたのが心強かった(木舩)

中城:私は名古屋市内の企業のインターンシップに参加したことがあるけど、みんなは浜松以外の地域では就活しなかった?

宮本:僕は一応、静岡市や沼津市でもやったよ。

井澤:僕は浜松市以外に静岡市で1社やった。

木舩:私は名古屋や静岡のインターンシップに参加したよ。

中城:Uターン就職の情報集めって、どうやってしてた?

木舩:就活サイトを見たり、静岡県限定の就活サイトに登録して情報を集めたりしたよ。それと、高校時代の他大学の友だちでUターン就職を考えている子が何人かいたから、その子たちと情報交換したり、一緒にイベントに行ったりできたのが心強かったな。

中城:私も就活サイトがメインで、地元の磐田市が運営している就活サイトもよく見ていたよ。そのサイトでちょうど名古屋市内で地元企業の説明会が開催されることを知って参加したこともあった。

宮本:僕は就活サイトでの情報収集のほかに、大学が主催するセミナーにも参加したけど、結局はインターンシップでいろんな企業を回ることが一番有益な情報源だった気がするな。僕は浜松の実家から大学に通っていたから、地元企業の情報収集にしても、浜松の企業を訪問するにしても、なにかと有利だったように思うよ。

井澤:その点、僕は東京に住んでいたから、情報が集めにくかったよ。説明会だって、基本は浜松や静岡に行かないとやってなかったし。基本的には就活サイトと会社のホームページで情報を集めたけど、大学のOBの方たちの体験記も参考になったよ。

木舩:就活って、企業の絞り込みも大事だけど、進め方もコツがいるよね。私はまず3年生の夏にいろんな企業のインターンに行ったの。それから自分の進みたい進路を絞っていって、冬のインターンに参加してさらに企業を絞り込み、選考に挑んだっていう感じ。

宮本:僕は夏にいろんなインターンシップに行って情報を集めて、秋から年末にかけて自分の長所や成果などを分析してエントリーシートを書く準備をし、年明けからまたインターンシップに行って、3月から就活を始めたよ。自分を分析しているうちに就職活動の軸のようなものができてきたから、その軸に外れた企業は切り落としていったんだ。

中城:私も夏にインターンに行って、秋に自己分析をして、冬のインターンに行ったよ。他の企業も受けたけど、私は最初から本命は遠州鉄道1本だった。

井澤:そうか、みんな夏のインターンから活動を始めたんだね。僕はとりあえず静岡に帰ることは決めていたけど、夏の間は何もしなかったよ。大学の友人たちは東京の大手企業のインターンシップに参加していたけど、僕は「自分も行った方がいいのかな……」という葛藤と闘いつつも、結局はどこにも行かなかった。でも、初めて参加した遠州鉄道の合同説明会で人事の方がすごく楽しそうに会社の説明をされていたのを見て、「良い雰囲気の会社だな」と魅力を感じて、それからは遠州鉄道に絞って就職活動を進めていくことにしたんだ。

各地域の就活と地元就活の違い

結婚をして、子どもを産んで、育てて……
将来設計を考えるとやっぱり地元就職が一番!(中城)

井澤:就活も、都会でやるのと地元でやるのとでは、雰囲気が違うよね。東京で就活をしていた同級生たちはみんなすごく大変そうで、1日に何社も受けたり、学校にこもって自己分析を必死でやったりしてた。これは友人の話なんだけど、就活期間に非通知の電話が来て、たまたま出られなかったんだって。ところが、実はそれが面接を受けた大企業からの電話だったらしくて、後から電話をかけ直したんだけど、出てもらえなかったという話を聞いたよ。

木舩:出身地が同じでも、地元就職を希望する人と都会での就職を希望する人とでは、一体何に違いがあるんだろうね。やっぱり地元が好きかどうかっていうことかな?

中城:地元就職の魅力って、やっぱり住みやすさと働きやすさだよね。だって、もし将来結婚して子どもを産んで育てるとしたら、親が近くにいてくれるのが一番ありがたいもん!

木舩:私もそう思う。地元は周りの人も親切だし、地元で一生を過ごした方が幸せだと思う。実は、静岡県は県民所得が意外にも全国のトップクラスで、持ち家率も高いっていう資料を見たことがあるの。私はそれを見て「浜松で就職した方が断然いい!」って思った(笑)。

宮本:自分の実家から通勤できるっていうことは、大きなメリットだよね。僕は長男なので、父や母の将来も考えていかなきゃならない立場だから、余計そういう思いが強いのかもしれない。県外に出ていたら両親が高齢になったときになかなか戻ってこれないし、親が寝たきりになってしまったら会社を辞めて戻ってこなきゃいけなくなるかもしれない。就活を始める前はどこか別の場所に住んでみたいなという憧れもあったけど、現実を考えると地元で就職するのが一番だと思う。

井澤:僕は東京の大学に通っているけど、地元を1回出たからこそ気付いたことがたくさんあるよ。漠然とではあるけど、違う角度から地元を俯瞰して、新たな魅力を発見できた気がする。地元の良さはたくさんあるけど、一番はやっぱり「人」かな。みんなが言ってくれたような地元の人の親切さや安心感は、就職してから生活していく上で重要だと思う。結局、地元の温かい雰囲気が自分には合っているのかな。

遠州鉄道を選んだ理由・選ばれた理由

何気ない場面で一人一人の就活生を大切に扱ったり
心配りをしてくれたところに社風の良さを感じた(井澤)

宮本:僕は途中まで金融関係を志望していたけど、やっぱり浜松のために働きたいという気持ちが強かったし、遠州鉄道なら不動産や保険などいろんな面から浜松に貢献できるなと思って遠州鉄道を選んだんだ。それに、遠州鉄道は人事の方々の人当たりがすごく良かったのも決め手になったよ。何か困ったことがあったら人に聞きやすいという環境は、入社後にすごく大事なことだと思うから。

中城:私も遠州鉄道の皆さんの人柄に惹かれたのが大きかったな。冬のインターンの時に社員の方々がすごく楽しそうに自分の仕事を紹介していて、私も将来的にはこんなふうに楽しそうに自分の仕事を紹介できる素敵な人になりたいと思って。

井澤:僕は第一印象から「自分には遠州鉄道の方が合ってるな」と感じたよ。面接の時にも、待ち時間に人事担当の方が「最近どう?」とかって気さくに声をかけてくれたおかげで緊張がほぐれたんだ。何げない場面で一人一人の就活生を大切に扱ってくれたり、心配りをしてくれたりするのって、その会社の社風の現れだと思うし、会社を選ぶ上ですごく大事だよね。

木舩:私は他社にも「いいな」と思える社員の方がいたので悩んだんだけど、遠州鉄道はいろんな社員の方々と触れ合う機会を与えてくれて、出会ったすべての方々のことを良い人だなと感じられたから「この会社がいいな」って思えたの。

中城:それに、就活生同士の雰囲気も良かったよね。遠州鉄道ではみんな地元が一緒だし、お互いに壁を感じることなく何でも話せてリラックスできたの。だから面接でも素の自分を出せたんだと思う。

木舩:たしかに、普通の合同説明会は「みんなライバル」っていう雰囲気で、何だか殺伐としてたよね(笑)。だから、大勢の中の1人として埋もれるよりも、一人一人を大切にしてくれるアットホームな遠州鉄道で頑張りたいって余計に思ったよ。

宮本:じゃあさ、みんなはなぜ自分が遠州鉄道に受かることができたと思う? 僕は自分のことをしっかり分析して、それをわかりやすく伝えることができたのがよかったのかな……なんて自負してるけど(笑)。

中城:私は面接で自分を偽らなかったことかな。自分の好きなこととか、大変だったこととか、とにかくすべて包み隠さず自分をさらけ出したつもり。それがちゃんと伝わって、「この子は素が出せる人間だ」と認めてもらえたからだと思う。

井澤:僕は、話の軸がぶれないように心掛けたのが良かったんだと思うな。僕はラーメンが大好きで、お気に入りのラーメン店の全国の支店を食べ歩いているんだけど、そんなふうに好きなことにのめり込む人間だということをさまざまな体験を交えてアピールしたんだ。最終面接の時にもそのラーメン屋さんの写真を10枚見せて「僕はこの店のラーメンがこんなにも好きです!」っていう話をしたんだよ。その結果、自分の芯の強さみたいなものを評価してもらえたんじゃないかと思う。

木舩:私も嘘は絶対につかないで、ありのままの自分を見せるようにしたよ。面接官の人は大勢の就活生を見てきているから、自分を飾って見せても見抜かれてしまうし、人って合う、合わないがあるから、本当の自分を見た上で会社にふさわしい人間かを判断してもらいたかったの。結局どんな仕事をするにしても、職場の人間関係がうまくいかないと仕事自体を楽しむこともできなくなっちゃうもんね。

宮本:とにかく、みんなそれぞれに自分自身を認めてもらえた上で、入社後の活躍を期待されて内定に至ったわけだよね。僕も小さな力ではあるけれど、遠州鉄道の社員として地域の方々と一緒に浜松を盛り上げて、僕たちのように浜松に戻ってきてくれる人が増えていくようにしていきたいな。みんな、これから一緒に頑張ろう!

PAGE TOP

ご覧のブラウザでは当ウェブサイトを適切に表示できない可能性があります。恐れ入りますが、最新のGoogle Chromeでご覧ください。

Google Chromeからご覧になる場合には、ここをクリックしてください。