ホーム > 会社を知る > トップメッセージ

トップメッセージ

社員の力で「あってよかった遠鉄グループ」を目指す
私たち遠州鉄道は、鉄道やバスなどの運輸事業を中心に培われてきた「信頼」を基に、不動産事業、保険代理業、介護事業などを営み成長してまいりました。さらにグループとしては多角経営を進め、地域の皆様の生活に密着した幅広い事業を展開するグループ事業体へと発展を遂げてまいりました。
「地域とともに歩む総合生活産業として社会に貢献する」という経営理念のもと、「顧客本位」「地域との共生」「社員重視」「独自能力」の経営方針を柱に、現場や社員の声を経営に活かす仕組みづくりに取り組んでおります。しかしながら現在、営業基盤としている遠州地方は、先行き不透明な景況感に伴う個人消費の低迷や中長期的な人口減少、少子高齢化への対応など、さまざまな課題を抱えています。

このような経営環境の中、遠州鉄道が継続的に発展していくために、「グループ経営の推進と総合力の強化」による新しい価値の創造や「新しい分野への挑戦」を通して、新規エリアや新分野への進出を進めております。経営を行う上で、資源として「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つが一般的に挙げられますが、私は企業・組織における最大の財産は「ヒト=人材」だと考えます。「グループ総合力」や「新しい分野への挑戦」をするのも人材です。「人材の人財化、定着の強化」を通して、広い視野を持って物事を多角的に考えられ、「顧客本位」のサービスを提供できる人材を育てることに尽力しています。
変化への対応力と挑戦する力
経営環境の変化や顧客の価値観の多様化が急速に進む中で、その変化にいち早く気づき、柔軟に対応していく、さらには自らが変化を起こしていくことができる方を必要としています。また、当社は個人顧客を対象に販売活動を行う、もしくはサービスを提供する企業です。幅広い年齢層のお客様と積極的にコミュニケーションを取り、ニーズをくみ取るだけでなく、生み出すことができる方に活躍していただきたいと思います。遠州鉄道には、皆さんの力を存分に発揮し、地域をより発展させることのできるフィールドがあります。私たちと一緒に、新しい道を切り拓き、お客様、地域の皆様、従業員が「あってよかった」と感じる企業集団を目指しましょう。
PAGE TOP

ご覧のブラウザでは当ウェブサイトを適切に表示できない可能性があります。恐れ入りますが、最新のGoogle Chromeでご覧ください。

Google Chromeからご覧になる場合には、ここをクリックしてください。